logo

ドリランド、トレード機能を一部制限--不正行為の有無や詳細は明言せず

佐藤和也 (編集部)2012年04月09日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは、同社の提供するソーシャルゲーム「探検ドリランド」において、一部ゲーム内カードにおけるトレード機能の制限を行っている。

 停止期間は4月2日から16日までを予定しており、その理由を「不正行為調査のため」としている。「探検ドリランド」では2月にゲーム内カードを不正に複製できるバグが発見されたとして話題となった。

 今回このトレード機能の制限について、一部ブログ等で「新たな複製技が行われているのでは」との投稿があった。これに対してグリーでは「(トレード機能を制限した理由である)利用規約に違反する不正行為と思われるものの調査と、(ブログにある)複製技についてはイコールではなく、複製できるわけではない」と回答。ブログに対しては訂正を求めるとしている。

 ただし、不正行為の調査の内容ならびに実際の不正行為の有無については、「さらなる不正行為などを呼ぶ危険がある」(グリー)として明言していない。

-PR-企画特集