logo

HTCが日本のために作ったスマホ「HTC J」ブランド--その真意とauの関係

坂本純子 (編集部)2012年04月20日 19時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは4月20日、auブランドで初めてとなるAndroid 4.0を搭載した「HTC J ISW13HT」を5月下旬以降に発売すると発表した。

  • カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色。

 HTC J ISW13HTは、2月に発表した「HTC One S」をベースにしつつ、KDDIとHTCが共同で日本市場向けに特化して開発したオリジナルブランドだ。HTC Jの“J”は「Japan」からとったものだという。

 日本独自のワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信、Eメール(~@ezweb.ne.jp)、緊急速報メールにも対応。さらに、8台まで接続できるWi-Fiテザリング機能とWiMAX通信機能も備える。

日本のマーケットでブランドを強く--覚えやすい「J」に

  • CMキャラクターとしてアイドルグループ「乃木坂46」を起用

 HTC NIPPON代表取締役社長の村井良二氏は、「スクラッチから(ゼロから)作った端末で、非常に大きな意味がある。日本のマーケットでブランドを強くしたい。愛称として、HTC Jと覚えていただけるよう、強い意気込みを表したネーミング」と説明する。

 また、「今年は、フィーチャーフォンを使っていた人が乗り換える、ターニングポイントの年。これまでアーリーイノベーターにも支持されるものを作ってきたが、マジョリティにも親しんでもらえる。スマートフォンは難しいという心配を払拭したい。手に持っていただければ、私にも使えると思ってもらえるような、おすすめできる端末に仕上がった」とし、20代、30代をターゲットに広げて行きたい考えを示した。

「HTC J ISW13HT」を日本におけるスマートフォンのマイルストンに

  • HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏とKDDI 代表取締役社長の田中孝司氏

 今回のコラボレーションが実現したのは、HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏とKDDI 代表取締役社長の田中孝司氏が友人関係にあることも背景にあるという。

 田中氏は、海外の出張先でHTCブランドをよく見かけること、実際に見せてもらうとスムーズに気持ちよく動くことから、「日本に持って来たいと、2年前に台湾のオフィスへ押しかけていった。そのとき以来の友人」と明かした。

 「海外トップブランドのHTCを持ってくるだけじゃなく、ジョイントワークとして、本当にすばらしいものが出せたということを、日本におけるスマートフォンのマイルストーンにしたいと思っている」と意気込む。

  • HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏

 チョウ氏も、「日本にやってきたとき、KDDIのネットワークに感銘を受けた。ネットワーク、品質、安定性ともに世界最高のものだと思う。切にKDDIと手を組みたかったが、フィーチャーフォンが主流だったので対話を続けた。KDDIの最高のネットワークと(HTCの)最高のプロダクトとを組み合わせたかった。それを、田中さんが励まし、支え、資源を投入してくれた。2つの会社が一緒になって、デバイスをカスタマイズする共同の努力だった。このチャンスを与えてくれたことに感謝する」と語り、念願のプロダクトだとした。

日本のためだけに端末をつくる狙いとは

 一方で、今回のプロダクトはトントン拍子に進んだ、というわけでもないようだ。ピーター氏が「イノベーションのパイオニアとして10年以上活躍し、テクノロジを追求してきた。田中さんはプロダクトは可愛くデザインすることも重要だといった。謙虚な会社でなければならないので、耳を傾けた」と語ると、田中氏が「謙虚な会社だと言ったが、日本の市場をなかなか理解してくれなかった」と笑い飛ばす一幕もあった。

 スマートフォンを世界で展開するHTCが、日本のためだけに端末をつくる狙いはなにか。「日本のマーケットそのものが魅力的で、決して小さいマーケットとは思っていない。日本はお客様の目が厳しい。そういった厳しいマーケットで、HTCが再度鍛えられて、海外で強くなることには意味がある。流行のトレンドを日本から再輸出する。そういった意味でも、端末の数という意味以外で副次的に魅力的だと思っている」(村井氏)と語った。

  • HTC J ISW13HTの背面。HTCのロゴはこれまでより控えめなサイズ

  • auロゴも左側面のみにある

  • 上部にはイヤホン端子がある

  • 端子のカバーを外したところ

  • 付属するイヤホン「Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphones」

  • Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphonesを取り付けたところ

  • Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphonesを装着すると、ヘッドホンの音質を最適にする信号処理が起動する

  • イヤホンのコントローラはメタリック調のデザイン

  • 角が丸く、可愛らしいデザイン

  • 800万画素、F2.0の明るいレンズを搭載した

  • カメラのフィルタ効果も充実

  • ビデオとカメラの切り替えなど複雑な操作なしに、単にボタンを選ぶだけ

  • 長押しすると連写できる

  • 0.7秒起動、0.2秒オートフォーカス機能で、撮りたい瞬間を逃さず撮れる

  • 左側面にはmicroUSB端子がある

  • ホーム画面。これまでのHTCでは、上部に大きく日付と天気のアイコンが並んだものだが、日本のユーザーになじむよう変更したという

  • 時間や天気のアイコン部分を透過させたのはauのこだわりだという

  • auスマートパスも搭載

  • 8台まで接続できるWi-Fiテザリング機能とWiMAX通信機能も備える

  • テレビに専用の端末を接続すると、スマートフォンの画像をテレビなどのスクリーンに投影できる「HTC Media Link HD」機能も

  • HTC Media Link HDの端末

  • CMに使われる新曲「おいでシャンプー」を披露

-PR-企画特集