logo

音楽サービスSpotify、コカ・コーラと提携

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月19日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽サブスクリプションサービスのSpotifyは米国時間4月18日、ニューヨークで記者会見を開催し、Coca-ColaがSpotifyでアプリをローンチすることを明らかにした。Coca-Colaの幹部3名とSpotifyの最高経営責任者(CEO)Daniel Ek氏は集まった報道関係者30人を前に、提携がユーザーに大きなメリットをもたらすことや、同音楽サービスのブランド浸透に役立つことなどを力説した。

 その存在をどこでも見かけることができるCoca-Colaと提携することにより、Spotifyは自社ブランドを新しい市場に広めることができる。壇上の幹部らは否定に躍起になっていたが、この提携は創意あふれるものというよりも、広告的な取引という意味合いが強い。

 プレスリリースには「契約に基づき、Spotifyは世界展開するCoca-Cola Musicを支える主要技術となり、音楽へのアクセスをユニバーサルに提供するという同ブランドのミッションを支える」と書かれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集