logo

理想の上司を選ぶとしたら--架空の求人広告に載せる10の条件 - (page 3)

Alan Norton (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年04月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9.プロフェッショナルとしての成長を促せる方

 すべてのマネージャーは、自分とチームメンバーのスキルを向上させていくことを期待されています。Norxodd社のモットーの1つに、「今以上の自分になれ」というものがあります。ただし、このモットーは、社員食堂の外に張り出されているわけではありません。また、プロフェッショナルの成長を奨励する「常に前進せよ」という別のモットーもあります。このモットーについては、食堂とすべての社用車のダッシュボードに誇らしげに掲げられています。

10.特別な何かができる方

 以上のすべての条件を満たすだけでは十分ではありません。あなたには、従業員に対して何か特別なことをすることが求められています。ただし、その何かは、以下の条件を満たしていなくてはなりません。

  • 何十年か後にも好意的に思い出してもらえる。
  • グループ全体で共有できる。
  • 予算を超過しない。

 Norxodd社では、ある程度の楽しみもなく過ごすには人生は短すぎると考えています。われわれの人生の大部分は睡眠で占められており、それに次ぐ長さの時間を費やすのが仕事です。したがって、マネージャーには楽しめる雰囲気を作る(ベッドの中ではなく、職場で)ことが求められます。また、よいマネージャーは、記憶に残る仕事をするものです。大きな観点から見れば、幸せな記憶を作ることができないマネージャーは、人生というゲームでも失敗しているのです。

結論

 完璧な上司の条件を考えるのは、楽しみにもなり得る。

 注意:ある会社で、わたしとわたしのチームは、自分たちの次の上司になる求職者の面接を行う機会を得た。わたしは、上司にはチームの目的を達成するためできる限りのことをしてくれることを期待すると強調した。どういうわけか、いざ雇ってみると、その条件はどこかに行ってしまった。これは、管理職の地位に着地したときに受けることがある、頭部の腫脹と前頭前皮質への圧迫が原因だったのだろうと考えている。わたしはこの問題を解決した。Norxodd社の世界では、わたしのチームとわたしに解雇する権限がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]