logo

[ブックレビュー]明日仕事がなくなったら?に備える術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和書房
詳細:単行本(ソフトカバー) / 160ページ / 大和書房 / 価格:1155円 / 著者:おち まさと,本田 直之 / 発売日:2012/01/25 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.2cm×2.0cm / 重量:0.2 kg
内容:定年まで働き通す時代は終わった。ではこれからどうやって稼ぎ、生きていかなければならないのか? ひとつの会社、仕事にこだわらないこれからの働き方とは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 明日仕事がなくなったら? ひとつの会社に勤めひとつの仕事しかしていなかったらそれは死活問題だ。ひとつのことを極めるのがいけないわけではなく、それに「依存」して頼りきった状態が危険だと著者は言っている。

 誰もが何十年も同じ会社に勤め、定年まで働き通すという時代は終わった。そのような働き方はもはや「安定」しているとはいえない。時代の変化は激しく、個人も変化に対応していかなくては生き残れない。

 生活を支える柱(仕事)がひとつしかなければ、それが折れたら倒れるしかない。しかし柱が何本もあれば、1本くらい折れてもどうということはない。それが「ひとりコングロマリット」ということだ。

 ひとりコングロマリットのライフスタイルでは、仕事とプライベート、職場と家、本業と副業――そのようなはっきりとした区分は、まったくの無意味だ。両者は、常に交わり時には逆転する。いかようにも形を変えられる流体のような柔軟さを持ちながら、風に吹かれても折れない葦のようにしなやかで強靭。そんなライフスタイルに変えていくことこそ、自分のライフを守るための対策を取ることに等しい。今の生活が「安泰」だと思っている人にこそ、読んで欲しい1冊。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集