logo

シャープ、純損失が3800億円に拡大--構造改革費が影響

加納恵 (編集部)2012年04月11日 17時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月10日、2011年3月期通期の連結業績予想を下方修正することを発表した。売上高を前回発表時の2兆5500億円から2兆4500億円に変更したほか、営業損失は0円から400億円、経常損失は300億円から700億円、当期純損失は2900億円から3800億円へと拡大する。

 赤字額の拡大について、モバイル端末向けの液晶出荷遅延やSDPの鴻海精密工業グループなどとの協業に関わる大型液晶事業構造改革に伴う体質改善費用を計上するためとしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集