logo

グーグルARメガネ着用のS・ブリン氏、イベントで目撃される

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月07日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの共同創設者Sergey Brin氏は米国時間4月5日夜、同社が開発中の拡張現実メガネをかけているところを目撃された。

 Brin氏は同夜、プロトタイプの同メガネをかけて、テクノロジエバンジェリストのRobert Scoble氏とともにポーズをとる姿がサンフランシスコで開催されたチャリティイベントで写真に納められた。

 Scoble氏はTwitterへのツイートで、「Google Glassesは本当だ!サンフランシスコのPalace HotelでGoogle共同創設者@sergeybrinnが身に着けている」と記し、そのときの写真を投稿した。Scoble氏はさらに「このメガネは非常に軽そうだ。普通のメガネとさほど変わらない」ともツイートした。

 ただしこれは、Brin氏が身に着けた同メガネにScoble氏が近づけた範囲での印象だ。Scoble氏は、さらに別のツイートで次のように述べている。

 Sergeyは、わたしにGoogle Glassesをかけさせてはくれなかったが、彼の目の前に情報が投影されている様子を確認することができた。わたしも、ぜひ1つ欲しいものだ!

 Googleは4月6日、装着者の目の前にデータをリアルタイムでストリーミングできるメガネのプロトタイプを開発中であることをついに認めた。Googleは、メガネを装着している人がマンハッタンのさまざまな場所を歩き回り、メガネにストリーミングされる最新情報を受信する様子を示す動画をYouTubeに投稿した。

Robert Scoble(左)とGoogleが開発中の拡張現実メガネを着手する同社共同創設者Sergey Brin氏 Robert Scoble(左)とGoogleが開発中の拡張現実メガネを着手する同社共同創設者Sergey Brin氏
提供:Robert Scoble

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集