logo

スマホと連携して手書きメモを付箋に--カシオ計算機の電子文具「memopri」

坂本純子 (編集部)2012年04月05日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は4月5日、手書きのメモを印刷できる専用端末「memopri(メモプリ)」シリーズを4月20日より発売すると発表した。

 「memopri MEP-T10/B10/U10」は、いずれもPCとUSBで接続し、PCの豊富なフォントを使って、メモを専用テープに印刷できる電子文具だ。印刷できる専用テープは裏紙がない、貼りやすくはがしやすいタイプ。鉛筆やボールペンで書き込むこともでき、付箋や簡易ラベルとしての利用を想定している。テープの幅は3種類で、9mmと12mmが525円、18mmが735円。

 「MEP-T10」(市場想定価格:1万円前後)はタッチパネルを搭載。付属のタッチペンを使って手書きの文字を入力してプリントすることも可能だ。また、カレンダー機能や時計機能、電卓機能などデスクで便利な機能を搭載。手書きメモの内容は日付・時刻情報とともに99件まで保存でき、卓上メモとしても使用できる。単3形アルカリ乾電池4本で駆動するので、持ち運びも可能だ。なお、スマートフォンとの連携には対応しない。

 「MEP-B10」(同:8000円前後)はPCからの印刷に加え、Bluetoothを搭載するAndroidスマートフォンと連携できる製品だ。専用アプリから文字入力や手書き入力が可能で、1台のMEP-B10で最大8台までのスマートフォンとペアリングして印刷できる。

 スタンダードモデル「MEP-U10」(同:6000円前後)は、USB接続をしたPCでのみ利用でき、スマートフォンとの連携機能はない。


「memopri(メモプリ)」シリーズ

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集