logo

ソニー、室内で快適に使えるヘッドホン--装着感アップに独自の工夫

加納恵 (編集部)2012年04月04日 14時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月4日、屋内でテレビやPC、オーディオと接続して使用するオープンエアタイプのヘッドホン5機種を発表した。軽量モデルで、長時間の使用でも苦にならない装着感を実現したという。いずれも発売は4月21日。

  • 「MDR-MA900」

 発表されたのは「MDR-MA900/MA500/MA300/MA100/MA102TV」の5機種。いずれも自然な音場を再生するオープンエアタイプで、3m(MA102TVは5m)のコードを装備する。

 MA900は、直径70mmの新開発ドライブユニットを搭載したハイエンドモデルだ。低音をドライバユニットの中心部に集中させ、再生するアコースティックバスレンズ機構を採用する。

 ヘッドバンド部に柔らかな「フレキシブルヘッドクッション」を採用したことで、頭にフィットした装着ができるとのこと。アルミニウムやマグネシウムなどの金属を用いることで、本体重量は約195gに抑えた。価格は3万975円。

 MA500とMA300には、ハウジング部の中のパーツが動き、どんな耳の形の人にもフィットする「フレキシブルイヤーフィットメカニズム」を搭載。両機種ともに直径40mmのドライバユニットを内蔵するが、MA500のみ解像度を高めるネオジウムマグネットを使用している。価格はMA500が9975円。MA300が4935円になる。

  • フレキシブルヘッドクッション

  • 「MDR-MA500」

  • 「MDR-MA300」

  • 「MDR-MA100」

 MA100/MA102TVは、40mmのドライバユニットを搭載したエントリーモデル。テレビ用となるMA102TVのみ5mのロングコードを採用したほか、手元で音量を調整できるボリュームコントロールを備える。両機種ともに重量は約190g。価格はMA100が2468円、MA102TVが3675円になる。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集