logo

新しい「iPad」、高解像度ディスプレイでもバッテリ持続時間は従来モデル並み

Martin LaMonica (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月08日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月7日、新しい「iPad」を発表し、このタブレットには高解像度の「Retina Display」とクアッドコアの「A5X」チップが搭載されるほか、改良されたカメラやHDビデオ録画などの機能が追加されると述べた。

 Appleの幹部らによると、新しいiPadではグラフィックスが強化されたことで、処理負荷がかなり増加したらしいが。それでも、新しいiPadのバッテリ持続時間は従来モデルと同様10時間であるという。

 4G LTEネットワークでも、新しいiPadは9時間のバッテリ持続時間を実現するとされている。これは、多くのスマートフォンが4Gを1日使用するだけでも充電が必要になることに比べると、大きな進歩である。

 Appleは、自社のすべてのモバイルデバイスで、バッテリ持続時間を最優先機能の1つとしている。10時間というすでに長いバッテリ持続時間を最新のiPadで維持したことについては、新たにiPadを購入しようとする人にとって、妥協すべきものがないことを意味している。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集