logo

スカイプ、ようやく「Windows Phone」でも利用可能に

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年02月28日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftによる数十億ドル規模のSkype買収が実を結ぼうとしている。

 Microsoftは米国時間2月26日、「Skype for Windows Phone」のベータ版をリリースしたと発表した。「Windows Phone 7」搭載端末の所有者は、同ソフトウェアを端末に直接ダウンロードするか、あるいはPCで「Marketplace」からダウンロードできる。

 Skype for Windows Phoneのベータ版には、3G、4G、Wi-Fiネットワークを介したSkypeユーザー同士の無料音声通話および無料ビデオ通話、固定電話や携帯電話との有料通話など、期待通りの機能が搭載されている。グループチャットや1対1のインスタントメッセージングも可能だ。

 「Android」「iOS」「Symbian OS」では、すでにSkypeの利用が可能だったが、Microsoftが2011年に85億ドルでSkypeを買収したことにより、「Windows Phone」でもSkypeが使えるようになった。Microsoftは、Windows Phone以外にも、多くのプラットフォームにSkypeを統合する予定だ。

 Microsoftによると、Skype for Windows Phoneのベータ版は、「Nokia Lumia 710」「Nokia Lumia 800」「HTC Titan」「HTC Radar」で最良の状態で動作し、「Samsung Focus S」と「Samsung Focus Flash」でも動作が保証されている。


ベータ版は「Nokia Lumia 710」でも動作する(提供:Josh Miller/CNET)。

 Skype for Windows Phoneのベータ版は、「Windows Phone 7.5」でのみ利用できる。Microsoftは4月に同ソフトウェアの「ゴールド」版をリリースしたいしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集