logo

「Chrome」を通じた革新と利益化への展開--グーグル幹部インタビュー - (page 4)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月24日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費者向けの販売では、われわれは現在の状況に満足しています。Chromebookは、AmazonとBestBuy.com経由で、オンラインでしか買えないようになっています。Amazonのベストセラー上位20位以内に何度も入っていますし、上位5位以内や10位以内に入ったこともあります。われわれは現在、消費者に向けた売り込みや、大規模なマーケティングを行っていません。この業界では、商品を大量に販売するには、売り込みが必要です。われわれは意図的に売り込みを控えています。

 それは長い道のりです。われわれはChromebookに全力を注いでいます。本当にほしいという人々にだけ(それを買ってほしい)と思っています。

--Chrome OSは定期的なアップデートで着実に改善されていくということですが、これまでに改善された点について、具体的に教えてください。

Pichai氏:Chromeの最大のバリュープロポジションは、徐々にエクスペリエンスを向上させていくことです。実際にそうしていますし、その効果を評価することもできます。再開時間(スリープ状態からの再起動)がどれくらい向上したかを考えるなら、わたしの感覚では、最初に出荷したときよりも30%から50%速くなったと思います。

 R19(Chrome OSバージョン19。近々開発者版がリリースされる)では、GPUで多くの改良が行われています。スクロールはかなり速く感じられるようになります。ChromebookではGPUの性能が限られていますので、「MacBook Air」と同じような改善が見られるわけではありませんが、Chromebookでもやはり改善が見込めます。

--トラックパッドのジェスチャの方向を、「Mac OS X」の新しい「ナチュラルスクロール」に合わせて変更することは検討していますか。

Pichai氏:スクロールを滑らかにするのは、本当に複雑な話です。方向を変えるというのは、細かい点です。それについては、それほど心配していません。Android搭載携帯電話やタブレットのChromeでは、ある程度の決断を迫られると思います。

--わたしは、自分のChromebookの遅さに不満を感じています。Chrome OSのビジョンには賛成していますが、とても遅いので、ほかのコンピュータを使うようにしています。

Pichai氏:われわれはChromebookに非常に期待しています。多数の好意的なフィードバックももらっていますし、次世代Chromebookを非常に楽しみにしています。スピードやシンプルさ、セキュリティの面について改善する予定です。

--では、Chromebookがなくなることはないのですね。

Pichai氏:われわれはウェブをより良い場所にするよう、根本的に取り組む必要があります。そうした取り組みは、アプリストアやネイティブアプリを通じて行われています。イノベーションの需要は非常に大きいと言えます。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]