logo

ARM版「Windows 8」、「x86」版と同時にリリースへ

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年02月10日 08時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、次期主力OSである「Windows 8」の「ARM」チップ向けバージョンを、従来型のPCに搭載されるいわゆる「x86」チップ向けバージョンと同時にリリースする計画である。

 このリリース計画は、Microsoftが2011年9月にWindows 8をプレビューして以来、明らかになっていなかった。また、新OSのARM版は、業界を主導するAppleの「iPad」に対抗することになるとMicrosoftが期待する多くのタブレットに搭載される予定であるため、これは重要なことである。

 Windows担当プレジデントを務めるSteven Sinofsky氏は米国時間2月9日付けのブログ投稿で、より従来型のWindows搭載PCと「同時に、各種PCメーカーが(ARM版Windows搭載デバイスを)出荷できるようにすることがわれわれの総体的な目標である」と述べた。

 Sinofsky氏はリリース予定日を明らかにしなかったが、多くのアナリストらが2012年末より前、おそらくは米国において夏の終わりにある新学期セールの時期に合わせて、新OSが登場すると予測している。

 またSinofsky氏は、Microsoftが次期生産性スイート(開発コード名「Office 15」)において、ARM版Windows 8向けのバージョンを出荷する予定であることも明かした。このバージョンの「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」は、低消費電力でタッチ対応という、タブレットアプリケーションにおける重要な機能を実現するように設計されている。

 ARM版Windowsは、「File Explorer」、デスクトップ版「Internet Explorer 10」、「その他の本質的なWindowsデスクトップ機能のほとんど」に対し、従来のWindowsデスクトップにおける使用感をサポートする予定であるともSinofsky氏は述べた。これらの本質的な機能のすべてが生産性アプリケーションと同様に、タッチ向けに設計され、電力およびリソースの消費が最小限に抑えられているとSinofsky氏は記している。

 Windowsがタブレット上で成功を収めるかどうかの鍵を握るのは、Microsoftがタッチ操作のよりどころとする「Metro」ユーザーインターフェースが、開発者とユーザーにどれだけ受け入れられるかにかかっている。Sinofsky氏によると、ARM版Windows 8では、すべてのMetroスタイルアプリケーションが動作するという。またMicrosoftは、メール、カレンダー、コンタクト、写真、およびストレージ用のアプリケーションを含める予定であると同氏は記している。

 Sinofsky氏は、ARM版Windowsは、デバイスにプレインストールして提供すると述べる。ユーザーがこのバージョンのWindowsをダウンロードして、既存のマシンにインストールすることはできない。ARMアーキテクチャは標準化されておらず、デバイスにより仕様が異なるためである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集