logo

監視団体、世界のApple Storeに嘆願書--「倫理的なiPhone 5」を求め

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月09日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期「iPhone」の発売を前に、Appleに対し海外の製造工場の状況を改善するよう求める2件のオンライン嘆願書が、米国時間2月9日に世界各地のアップルストアに提出される。

 監視団体のSumOfUsは8日、同団体とChange.orgの嘆願書を、9日に世界各地のAppleの小売店舗に提出することを計画しているとする声明を発表した。

 SumOfUsは5万5000の署名を集めており、そのうち2万人がiPhoneユーザーだと述べている。それとは別の調査で、Change.orgはAppleに対し、「中国の工場でiPhoneを作っている労働者を保護する」よう求めており、19万4000以上の署名を集めた。

 どちらの嘆願書も、Appleのサプライヤー施設における劣悪な労働および安全環境と、メーカーによる改善を妨げている過酷な商行為を批判したThe New York Timesの調査記事を受けて、1月末に作成された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集