logo

Android版「Chrome」ベータ公開--2つのプロジェクトを結びつける節目 - (page 3)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブアプリか、ネイティブアプリか

 Android向けChromeをめぐって、Google内ではある種の緊張が高まっている。ソフトウェアは、特定のコンピュータデバイス上でネイティブに動作すべきか、それともブラウザ内のウェブアプリとして動作すべきか、という議論だ。

 Androidについていえば、答えは明らかに前者だった。GoogleはAndroid Marketを後押しして、プログラミングツールとインターフェースを向上させるために取り組んできた。しかし、Chromeの存在理由の1つはウェブアプリのイノベーションを促進することで、Googleはこれに強い関心を持ち、大切にしてきた。ブラウザは非常に多くのデバイスで動作するため、ウェブアプリはそうしたデバイスの間をつなぎ、少なくとも理論上は、プログラマーにクロスプラットフォームでの開発を約束する。

 当然、Chromeを搭載していれば、Androidはウェブアプリケーションの基盤としてはかなり強力なものになる。これが特に言えるのは、ChromeはAndroid Marketで提供されているので、端末メーカーが最新のAndroidリリースに対応しようとしない場合でも、AndroidユーザーはChromeをアップグレードできるからだ。

 しかし、Chromeの公開によって、ウェブアプリがAndroidを支配する新しい時代の到来が告げられたわけではない。

 「モバイルのエコシステムは、非常に急ピッチで進化しつつあり、ウェブがそのエコシステムの中に食い込もうと苦労する一方で、ネイティブアプリはいつもで変わらずそこにあるだろう」(Pichai氏)

 Android向けChromeは、Android標準ブラウザにまだ置き換わっていない。Android標準ブラウザは、例えばブラウザエンジンを必要とする別のAndroidアプリによって、依然として使われている。

Android 4.0限定

 GoogleがIce Cream Sandwichを必須としているのは、同OSには、ハードウェアアクセラレーションなどに必要なインターフェースがあるからだ。Ice Cream Sandwich限定にするのは確かに便利だ。Googleは、多くの古い携帯電話がもたらす、互換性やパフォーマンスをめぐる多数の問題を心配する必要がない。

 実際のところ、Googleが古いバージョンのAndroidを考慮しないのは、Microsoftが「Internet Explorer 9」で「Windows XP」への対応を止めたのと全く同じことで、その理由の1つは、Windows XPに新しいグラフィックインターフェースがなかったからだった。そうすることで、多くの人々が切り捨てられてしまうが、エンジニアリングやサポートは簡単になる。

 Pichai氏はGoogleの選択について、「Ice Cream Sandwichは、大きな飛躍を示すものだ。Ice Cream Sandwichに狙いを定めて、未来のために高めていくのは意味があることだった」と述べた。

Net Applicationsによる2012年1月の調査では、ブランドなしのAndroidブラウザが利用率においてAppleのSafariそしてOperaの「Mini」に続いて第3位となっている。Android 4.0が広まるにつれ、Chrome for AndroidがブランドなしのAndroidブラウザを次第に置き換えていくことが予測される。Net Applicationsによる2012年1月の調査では、ブランドなしのAndroidブラウザが利用率においてAppleのSafariそしてOperaの「Mini」に続いて第3位となっている。Android 4.0が広まるにつれ、Chrome for AndroidがブランドなしのAndroidブラウザを次第に置き換えていくことが予測される。
提供:Net Applications

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]