logo

パナソニック、20型の4K2K液晶パネルを開発--世界最小IPSα液晶パネル

加納恵 (編集部)2012年01月10日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月10日、フルHD解像度を上回る3840×2160ピクセルの20型4K2K液晶パネルを開発したと発表した。厚さ3.5mmの超薄型ディスプレイになるという。同日から米ラスベガスで開催されている「2012 International CES」にて参考出品している。

 パネルにはシンプルな画素構造を採用するIPSαパネルを用い、独自の「IPS-Pro技術」を追加。新開発の「超高開口率画素構造」と「新液晶配向プロセス技術」を搭載することで、超高精細映像を広い角度から再現できるとしている。

 パナソニックによると20型の4K2K表示ディスプレイは世界最小としており、精細度も1インチあたり216画素と、世界最高になるとのことだ。

特集 : 年頭恒例!世界最大の家電ショー 2012 International CES

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集