logo

アップル、元アドビ幹部を「iAd」担当で採用--Bloomberg報道

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦2012年01月05日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、2011年に退社したAndy Miller氏に代わり「iAd」プラットフォームの運営にあたる人物を選出した。

 この件に詳しい3人からの情報を引用したBloombergの報道によると、AppleはiAd担当のバイスプレジデントにTodd Teresi氏を選んだという。

 Teresi氏は数々のテクノロジ企業で役職を務めた経験があり、直近ではAdobe Systemsでメディアソリューショングループのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーの職にあった。Adobeの前には、Quantcast、Yahoo、PriceWaterhouseCoopers(PWC)などに在籍していた。

 Appleの広報担当者は、Teresi氏の採用に関してコメントを拒否した。

 新しい役職において、Teresi氏はAppleのシニアバイスプレジデントであるEddy Cue氏の直属になる。Cue氏は2011年9月に昇進し、iAdを含む同社の複数の分野を監督する立場になった。

 Teresi氏は、8月にAppleを退社したAndy Miller氏の後任となる。Miller氏は、共同創設者で最高経営責任者(CEO)だったQuattro WirelessがAppleに買収されたことで、モバイル広告担当のバイスプレジデントとしてAppleに加わっていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集