logo

「XP」が首位維持のOS市場、「Windows 7」シェア増加--12月調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年01月04日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows XP」はリリースから10年以上経った今も世界のOS市場を支配しているが、「Windows 7」がその差を縮め続けている。

 Net Applicationsが発表した2011年12月のデータによると、同年12月のWindows XPのシェアは46%だったという。リリースから10年後にしては立派だが、この数字はWindows XPの利用が大幅に減少していることを示してもいる。Windows XPの2011年1月のシェアは55%で、その後月を重ねるごとに低下してきた。

 一方のWindows 7は上向きで、2011年12月のシェアは約37%だった。この数字は、2011年1月の22%から大幅に増えており、シェアが毎月増加し続けていることを改めて示した。

 3位は「Windows Vista」で、2011年1月の11%超から8%まで低下した。

 一方、Apple製品では、2011年12月に「Mac OS X」がOS市場で約6%のシェアを獲得した。「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」はシェア3%でMac OS Xとしてはトップにあるが、利用は徐々に減少している。「Mac OS X 10.7 Lion」の2011年12月のシェアは2%で、2011年夏にリリースされて以来人気が高まっている。

 Linuxは引き続き、忠実なユーザーの間でニッチ市場を確保しており、2011年12月にはOS市場で約1.5%のシェアを占めた。

Net Applications発表のデスクトップOSシェアの推移
Net Applications発表のデスクトップOSシェアの推移
提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集