logo

MS、IE6の利用率低下を祝う--米国でも1%を下回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのInternet Explorer Marketingでディレクターを務めるRoger Capriotti氏は米国時間1月3日、Net Applicationsの最新調査で「Internet Explorer 6(IE6)」の利用率が米国で1%を下回ったことをExploring IEブログで報告し、祝した。

米国におけるIE6利用率が1%を下回ったことを発表したHacker News Seattle Meet-upに登場したケーキ
米国におけるIE6利用率が1%を下回ったことを発表したHacker News Seattle Meet-upに登場したケーキ
提供:The Windows Blog

 Capriotti氏によると、オーストリア、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーに続いて米国でのIE6の利用率が1%を下回ったという。さらに、チェコ共和国、メキシコ、ウクライナ、ポルトガル、フィリピンなどでも1%を切ったとCapriotti氏は述べている。

 同氏は、ブラウザに関するジョークにIE6が使われてきたことに触れ、使用を止めるようユーザーに働きかけるために2011年5月には「IE6 Countdown」と呼ばれるサイトを立ち上げていることを紹介している。

 Capriotti氏によると、IE6 Countdownはその立ち上げ以来、275万人が訪問し、ページビューは560万にのぼっているという。

-PR-企画特集