logo

PCモニタを投げた配達員について会社側が謝罪

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年12月26日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン製のコンピュータ用モニタを配達先の玄関まで届けるのではなくフェンス越しに投げ入れた配達員の問題に関して、FedEx Expressの米国事業シニアバイスプレジデントであるMatthew Thorntonがブログ記事で謝罪した。

 Thornton氏は、「今回の問題はとても前向きな形で解決しているということを報告できてうれしく思う。われわれはお客様に直接お会いしており、お客様は費用を負担することなく、代替品のモニタを受け取っている」と述べた。

 Thornton氏は、問題の配達員が解雇されたかどうかについては言及していないが、「(懲戒)手続きを行っている間にこの配達員がお客様の荷物を運ぶことはないと約束する」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

◇話題の記事
2012年のIT潮流を把握する--年末年始の特別記事を一気読み
ミクシィはソーシャルコマース参入の年--mixiタウン構想が本格始動
未来を開く新「はてなサービス」の作り方--危機感を持ちつつチャレンジ
アップル、1月にイベント開催か--中心は出版と「iBooks」の可能性
スマートフォンを守る4つの極意--悪質・不正なアプリを排除する方法
スマホの電池切れから停電時まで対応する--2011年登場のバッテリ集
次にブレイクする13サービス企業--VC、インキュベーターが選出
外見は地味でも、中身はスゴイ--中国トンデモケータイ図鑑
起業家やフリーランサーに新しい働き方を提案する「コワーキングスペース」
松村太郎が選ぶ、仕事効率化&ノマドワーカー向けアプリ10選

-PR-企画特集