「コワーキング」大集会が神戸で--新しい働き方が全国で話題 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その後、石川で「cafe? IKAGAWA DO」を運営する五十川員申氏や名古屋「MYCAFE」運営の田中慎也氏らが各地のスペースについて紹介したほか、ワークスペースについて研究している大学院生による研究発表など、コワーキングに関して、さまざまな視点からの講演がなされた。

 また、カフーツの伊藤氏をはじめ、大阪「JUSO CoWorking 」の深沢幸治郎氏、京都「小脇」の池田大介氏ら京阪神のコワーキングスペース運営者によるトークセッションもおこなわれた。東京と比較するとまだまだ利用者の数が少ない関西地域において、実際にどういった取組みがおこなわれているのか、さらには今後の活動の展望などについて議論した。


京阪神のコワーキングスペース運営者らによるセッションの様子

 フォーラムの最後は、実際にコワーキングスペースを利用しているユーザーらが、座談会形式で利用した感想や今後の課題、コワーキングを含めた新しい働き方について語り合った。

 「コワーキングを定義することが目的ではない。コワーキングを感じてもらうのが趣旨」――伊藤氏はフォーラムについてこう語る。そして今後について「全国のスペースがつながり、ネットワーク化できることがいいと考えている。そして定期的にフォーラムを開いていきたい。今回は神戸で開催したが、東京や名古屋、大阪と全国で開催することで、よりコワーキングらしい多様性がでてくるのでは」とした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]