logo

グリーと日本MS、アプリ開発者の事業展開をクラウド支援

藤井涼 (編集部)2011年12月19日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーと日本マイクロソフトは12月19日、SNS「GREE」にソーシャルアプリを提供する開発者(GREEパートナー)を対象に、ソーシャルゲームに最適化した「Windows Azure Platform」ベースのクラウドアプリプラットフォームの提供を開始した。これにあわせて、GREEパートナーの国内・海外展開やプロモーションも支援していく。

 具体的には、同アプリプラットフォームの運用監視サービスなどを提供することで、アプリの市場への早期投入を支援するほか、クラウド上でのソーシャルゲーム開発支援に特化した、マイクロソフトクラウドパートナーによる専門サポートを提供するとしている。

 さらに今後は、ソーシャルゲームリリース後のユーザー動向分析を支援するレポーティングツールの提供も予定しているという。各社のサービス内容は、順次「GREE Developer Center」にてGREEパートナー向けに公開される。

-PR-企画特集