logo

LG、「CINEMA 3D」用にアランミクリデザインの3Dメガネ

加納恵 (編集部)2011年11月28日 15時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LGエレクトロニクス・ジャパンは11月28日、3Dテレビ「CINEMA 3D」シリーズの3Dメガネにアランミクリタイプ「AG-F270」を追加した。人間工学に基づいたデザインで長時間使用しても疲れにくいとしている。発売は12月上旬。店頭想定価格は1万円になる。

  • アランミクリタイプ「AG-F270」

 アランミクリは、フランスのメガネブランド。発売されるAG-F270は、アランミクリとLGエレクトロニクス・ジャパンの両社で特許を取ったノーズパッドを採用しているという。

 CINEMA 3Dシリーズは、3D再生時に独自のFPR方式を採用。視聴時には電源不要の偏光式メガネを使用する。今回発売されたアランミクリタイプのほか、クリップオンタイプ、クリアフレームタイプ、ファミリーパックなど全6種類をラインアップしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集