logo

auも公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」--電波に応じて3Gと自動切り替え

松田真理 (マイカ)2011年06月29日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは6月29日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を6月30日から提供すると発表した。UQコミュニケーションズが提供するWiMAXなどを活用し、KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレスが共同でネットワークを構築している。

 au Wi-Fi SPOTは、電波の強さに応じて、Wi-Fiと3G通信が自動的に切り替わる公衆無線LANサービス。パケット通信料定額サービス「ISフラット」または「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」に契約しているスマートフォンユーザーが利用できる。料金は無料。

 専用アプリ「au Wi-Fi 接続ツール」を利用することで、IDやパスワードを設定しなくても接続できる。現在地や駅名などキーワードからのスポット検索も可能。アプリは「au one Market」または「Android マーケット」からダウンロードできる。また、6月以降に発売するauスマートフォンに標準搭載される。

 サービス開始当初のエリアは、auショップ、駅や空港、商業施設など。au Wi-Fi SPOT、Wi-Fiスクエア、UQ Wi-Fiのステッカーが貼ってある場所で利用できる。今後、2012年3月末に全国約10万スポットまで拡大する予定だ。

-PR-企画特集