グーグル、FlashをHTML5に変換するツール「Swiffy」を発表

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年06月29日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、FlashファイルをHTML5に変換するツール「Swiffy」を発表した。SWFファイルにこのツールを適用すると、SWFファイルがJSONファイルに変換され、HTML、SVG(Scalable Vector Graphics)、CSS(Cascading Style Sheets)を使ってレンダリングされる。Googleによれば、変換されたファイルのレンダリングパフォーマンスは非常によく、ファイルサイズはオリジナルよりわずかに大きくなるという。

 Adobe Systemsも、2011年に入って同様のツール「Wallaby」を発表している。このツールは、FLA形式のファイルを、HTML5、JavaScript、CSSに変換するものである。

 Googleは、Swiffyに関するFAQで、Adobeは「FlashプラットフォームがFlashプレーヤーをサポートしていないデバイスに広がることを喜んでおり、(両社は)このような取り組みに関して緊密に協業することを楽しみにしている」と述べている。

 Googleは、Swiffyをオープンソースプロジェクトにするかどうかについて、まだ決定していないとしている。

Swiffyを使ってSWFファイルを変換した結果 Swiffyを使ってSWFファイルを変換した結果
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加