アップル、「iOS 5 beta 2」を公開

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一2011年06月27日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月24日、開発者向けに「iOS 5 beta 2」を公開した。6月初めに開催された開発者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で発表された次期iOSベータ版の初めてのアップデートとなる。

 最初のベータ版のバグを修正したほか、iOS 5 beta 2ではMacとのWi-Fiシンク機能が追加されている。同機能を利用するためには「iTunes 10.5」ベータ版と、Appleが23日にリリースした「OS Xアップデート10.6.8」もしくは「Mac OS X Lion」開発者向けプレビューの最新版が必要となる。

 AppleのWi-Fiシンク機能はiOS搭載デバイスおよびAppleのiTunesソフトウェアを搭載しているコンピュータ間で情報をやり取りするものだ。同機能を利用するにあたってはiOSデバイスが電源に接続されていることと、コンテンツをシンクさせたいコンピュータとデバイスが同じ無線ネットワークを共有している必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加