logo

LulzSec、ブラジル政府サイトにDDoS攻撃

Jack Clark (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2011年06月23日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハッカー集団のLulzSecが、ブラジル政府の2つのウェブサイトをダウンさせたことを明らかにした。ZDNet UKは、本稿執筆時点で「Brasil.gov.br」と「Presidencia.gov.br」の両サイトが利用できなくなっていることを確認した。

 「LulzSecBrazil」を名乗るTwitterアカウントには、英国時間6月22日未明に「brasil.gov.brとpresidencia.gov.brを倒した。LulzSecBrazil」との書き込みがあった。

 両サイトは、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を受けて停止したとみられる。これに先立ち、英国ロンドン警視庁の中央ネット犯罪部門は現地時間6月21日、LulzSecに関与している疑いで19歳の男性を逮捕している。

 LulzSecは、この人物がRyan Cleary氏だとした上で、同グループのメンバーであることを否定している。

 「Ryan Cleary氏はLulzSecのメンバーではない。数多くあるわれわれの合法的なチャットルームの1つを同容疑者のIRCサーバに置いていたが、それだけのことだ」と、LulzSecは英国時間6月21日夜にツイートしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集