logo

アップル、ノキアへの特許ライセンス料支払いで合意--特許侵害問題で

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月14日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE  AppleとNokiaの間で長期間にわたって法的に争われてきた問題において、Appleは、Nokiaが保有する無線電話特許をライセンスすることで合意した。

 この合意により、NokiaとAppleは、両社間で争われていたすべての特許訴訟で和解し、米国際貿易委員会(ITC)に対するそれぞれの申し立てを取り下げる。また、AppleはNokiaに対し、金額非公開の一時金を支払うほか、ロイヤリティを継続的に支払うことになる。フィンランドを拠点とするNokiaが現地時間6月14日に発表した。

 Nokiaの社長兼最高経営責任者(CEO)のStephen Elop氏は、「増加するNokiaライセンシーにAppleが加わったことを非常にうれしく思う」と声明で述べた。「この和解は、Nokiaの特許ポートフォリオが業界をリードしていることを示すもので、われわれはモバイルコミュニケーション市場でさらに(他社に)ライセンスする機会に注力できるようになる」(Elop氏)

 Apple関係者にコメントを求めたが、すぐには返答を得られなかった。

 この法的な争いは、2009年10月にNokiaが同社保有の携帯電話関連特許のうち10件をAppleが侵害したと訴えたことから始まった。この10件の特許は、GSM、3G、Wi-Fiネットワークに対応した携帯電話の製造に関連するもので、Appleはライセンスを拒否したと言われている。Nokiaによると、これら特許は、無線データ、音声符号化、セキュリティ、暗号化に関するものを含んでいるという。

 Appleは2009年12月、同社が保有する「iPhone」関連特許13件をNokiaが侵害していると反訴した。この訴訟でAppleは、Nokiaが主張する著作権侵害を否定するとともに、NokiaがAppleに対して支払いを求めているライセンスは「不公平で不合理、そして差別的」であり、iPhoneには「不必要」と述べていた。

 争いは同月後半にエスカレートし、Nokiaは同社の特許7件が「Apple製の携帯電話とポータブル音楽プレーヤー、コンピュータの事実上すべての機器」で侵害されているとITCに提訴していた

 デラウェアの裁判所は2010年3月、訴訟を中断し、この件に関するITCの裁定を延期した。Appleは2010年9月、英国で訴訟を起こし、同社保有の特許9件をNokiaが侵害したと訴えた。

 ITCは2011年3月、AppleはNokiaの保有する5件の特許を侵害していないとしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集