logo

MS、「Android」から「Windows Phone」への移植支援ツールを発表

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2011年06月13日 13時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、より多くの開発者を引き込もうと、「Android」開発者による「Windows Phone」へのアプリケーション移植を支援するツールを発表した。

 Microsoftが米国時間6月9日に公開したブログ記事には、アプリケーションを自動でWindows Phoneに移植できるAndroid開発者向けの「魔法の杖」など存在しないという注意書きがある。だが、新しいAPIツールやホワイトペーパーなどの技術リソースにより、移植作業に伴う苦労をある程度軽減できるものと同社は考えている。

 AndroidからWindows Phoneへの「API mapping tool」は、Androidのさまざまなプログラムイベントやクラス、メソッドを、対応するWindows Phoneの各機能と比較して紹介しており、開発者の変換作業を手引きしてくれる。したがって、Androidに慣れ親しんだ開発者は、さまざまなタスクを実行するためにWindows Phoneで使用すべきAPI呼び出しを知ることができる。

 API mapping toolには、開発者が質問やアイデアを共有できるフィードバックページもある。

 AndroidとWindows Phoneは異なるアーキテクチャやインターフェースを利用しているため、このマッピングツールですべてのAPIがカバーできているわけではない。このことはMicrosoftも認めている。同社はツールを拡充しようとしているが、さしあたって「App Guy」というキャラクタを使ったサポートの強化も試みている。

 App Guyは、さまざまな開発者フォーラムを見回って、その中でAndroidからWindows Phoneへのアプリケーション移植に関連する質問や議論を探し出し、その概要をApp Guyページで紹介する。

 大量の技術資料に目を通すのも厭わないという開発者向けに、Microsoftは90ページに及ぶ「Windows Phone 7 Guide for Android Application Developers」というタイトルのホワイトペーパーも提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集