logo

「Chrome OS」担当幹部が語る成功の条件--販売台数よりも顧客満足度を優先 - (page 3)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、リリースサイクルの早いGoogleでさえも、初期の中核的なファン集団だけでは十分でないことがある。「Google Buzz」は大きな支持を得ることができず、「Google Wave」は大幅に縮小された。

 また、Pichai氏はChrome OS搭載ノートPCの開発者向けプロトタイプ「Cr-48」が好評だったと主張しているが、Cr-48が最初に登場したとき、レビュアーは期待はずれという印象を受けていた。

 Pichai氏は、Googleが未完成だと述べているシステムに対する期待があまりにも高すぎて、人々がそれを完成品と判断したことを批判した。「不具合があることは把握していた。人々はトラックパッドに関してひどく怒っていた。ベータハードウェアというものにまだ慣れていなかったのかもしれない」(Pichai氏)

 Chrome OSの主な宣伝文句は、人々のPC体験と異なり、ユーザーが介在することなくGoogleがバックグラウンドで頻繁にサイレントアップグレードするため、Chromebookは時間の経過とともに改善されていく、というものだ。Pichai氏は、当初問題があったCr-48のトラックパッドも新しいソフトウェアによって改善されると述べている。

 「もし明日、BrianがWebGLを劇的に改善したら、『Angry Birds』が突然速くなるだろう。例えばCr-48を6カ月間所有していたとしよう。コンピュータを開くだけで、処理速度が向上している。われわれはChromeをアップデートし続ける。ChromeがGPUの利点に対応するに従って、Chrome OSは高速化していく。より多くの作業の処理をGPUへ移行させるつもりだ」(Pichai氏)

 Googleは「Native Client」という別のテクノロジにも大きな期待を寄せている。もし同社がプログラマーにNative Clientの採用を納得させることができれば、セキュリティを犠牲にせずに、ネイティブアプリケーションと同等の動作速度を持つウェブアプリケーションを開発できるようになるかもしれない。これは重要なことだが、GoogleはChrome自体をNative Clientの基盤の上に構築する計画だ。

 Chromeチームのエンジニアリング担当バイスプレジデントLinus Upson氏は、Googleが2011年にその再構築プロセスを開始するという考えで、その手始めがChromeの1つの構成要素である内蔵PDFリーダーだという。Pichai氏はもっと慎重だった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]