アップル、「iPhone」に対する追跡行為を否定--「バグ」を修正へ

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年04月28日 07時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 「iPhone」の位置情報追跡に関する問題に対し、Appleがついに沈黙を破った。

 Appleは米国時間4月27日、同社ウェブサイトで公開したFAQで、「iPhone」所有者に対してストーカー行為をしているわけではなく、より正確な位置情報を取得しようとしているだけだと説明している。また同社は、ソフトウェアにバグが存在し、iPhoneに情報が過剰に保存される原因となっていることを認めている。

 FAQによると、Appleはユーザーの所在を追跡しているのではなく、iPhoneと近いWi-Fiホットスポットと携帯電話基地局の位置を記録しており、ロケーションベースのサービスを改善することを目的にデータベースを管理しているという。位置情報は匿名化され、暗号化された状態で同社に送信されるため、これによって個々のユーザーを追跡することはできないとAppleは述べた。

 「Appleは、ユーザーのiPhoneの位置を追跡しているのではない。Appleはこれまで決してそのようなことをしたことはないし、今後もする予定はない」とFAQには記されている。

 しかし同社は、ユーザーの位置に関する情報を過剰に保存してしまっている可能性があることを認め、近くソフトウェアリリースでこれを修正する予定だと述べた。

 「iPhoneがデータを過剰に保存してしまっているのはバグのせいであることが判明し、まもなくこれを修正する予定である」とFAQには記されている。「iPhoneがこのデータを7日間以上保存する必要はないとわれわれは考えている」(FAQから)

 またAppleは、ロケーションサービスを無効化している場合はユーザーが携帯電話の位置記録機能を停止できるようにするべきであることも認めた。しかしソフトウェアのバグにより、これもできない状態になっていると同社は述べた。

 Wi-Fiホットスポットと携帯電話基地局の情報の収集に加えて、「今後2〜3年以内のうちにiPhoneユーザーにさらに優れたトラフィックサービスを提供することを目的に、クラウドソーシングによるトラフィックデータベースを構築するために匿名化されたトラフィックデータを収集」しているとAppleは述べた。

 さらにAppleは、サードパーティー開発者らによるアプリケーションのデバッグを支援するために、ユーザーに関する一部の匿名情報をサードパーティー開発者らに提供しており、マーケティング業者にも情報を提供している可能性があることも認めた。

 「われわれの『iAd』広告システムにおいて、広告のターゲットを絞るための1要素として位置情報を利用することができる。ユーザーが現在位置を現在の広告に提供することを明示的に承認した場合(例えば、現在地に最も近いTargetの店舗の位置を示すように広告に要求する場合など)を除き、位置情報が第三者や広告に開示されることはない」と同社は述べている。

 Appleは、以下の内容を含むソフトウェアアップデートを数週間のうちにリリースする予定であると述べた。

  • iPhone上にキャッシュされる、クラウドソーシングによるWi-Fiホットスポットおよび携帯電話基地局のデータベースのサイズを縮小する
  • このキャッシュのバックアップを停止する
  • 「Location Services」機能を無効化しているときには、このキャッシュを完全に削除する

 また最後にAppleは、次の「iOS」ソフトウェアのメジャーリリースでは、iPhone上のキャッシュも暗号化する予定だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加