「Flash Player 10.3」ベータが示すもの--アドビのFlash推進姿勢と市場の変化 - (page 3)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年03月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Imbert氏は個人ブログの記事に次のように記している。「もしかすると『まだ64ビット版がないなんて』と考えている人もいるかもしれない。64ビット版はFlash Player次期メジャーバージョンで登場する予定なので、もう少し待ってほしい。不便かとは思うが、良いものにするためだ。次期メジャーバージョンはすばらしいものになるだろう」

 64ビットのソフトウェアは、メモリ容量が4Gバイトまでに限られている32ビットのソフトウェアに比べて格段に大きなメモリ領域を扱うことができる。64ビットのOSはLinuxや「Mac OS X」「Windows」では一般的なものとなっている。ただ今日ブラウザにとってメモリアドレス領域が大きいことは極めて重要というほどではないため、64ビット版FlashはAdobeにとっての最優先事項ではない。

 しかしAdobeは永久に先延ばしすることはできない。64ビットコンピューティングでは、例えばSafariのJavaScriptエンジン「Nitro」のように、ある程度のパフォーマンス向上が期待できる。それに最良の状況でも32ビットのプラグインを64ビットのブラウザとともに使用することは難しい。

 とはいえ、目の前に近付きつつあるのはFlash Player 10.3だ。Flash Player 10.3には、オーディオコントロールとともに、ユーザーのマシン上で動作するコントロールパネルが備わっている。ウェブサイトを使用する現在のメカニズムと異なり、通常のWindows、Mac OS X、Linuxのコントロールパネルと統合されている。このコントロールパネルにより「(ユーザーの)Flash Playerでのプライバシー、セキュリティ、ストレージの設定を効率的に管理できる」とImbert氏は言う。

 また別途コントロールパネルを変更することで、Flash Playerをブラウザのコントロールパネルに統合してそこでも設定を管理できるようにすることができる。これは「evercookie」と呼ばれる問題の解決に役立つ可能性がある。evercookieは、ブラウザに保存された通常のCookieを削除しようとしてもFlashを使用してコピーを保存できるために削除できないという問題だ。

 最後の点として、新バージョンはソフトウェアアップデートを知らせるMac OS Xの通知システムに統合されている。

 Imbert氏によると、Flash Player 10.3のベータ版は、携帯電話にもパーソナルコンピュータにも対応するように設計されているという。10.3の新機能を試してみたいプログラマーは、Flash Player 11のプレビューバージョンにもそれらの機能が搭載されていることを知っておくとよいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]