logo

MS、「Windows Embedded Compact 7」を正式リリース--Windows CEの後継OS

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子2011年03月02日 14時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月1日、「Windows Embedded Compact 7」(開発コード名「Chelan」)の正式版の一般提供を発表した。

 Microsoftは2月28日、Windows Embedded Compact 7の正式版を180日間無料で利用できる試用版をMicrosoft Download Centerで公開した(Microsoftの関係者は、Compact 7がいつRTMとなったのかについて明言を避けているが、@UltraWindowsは同バージョンのデジタル署名は2011年2月19日になっていると報告している)。

picture1 ※クリックすると図が拡大されます

 この最新版Embedded Compactは、携帯電話(「Windows Phone」を含む)、医療機器、産業オートメーション機器、小売システム、それにスレート/タブレットなどに向けたOSとなる。

 ここ数カ月、複数のMicrosoftのOEMがCompact 7をベースとした新しいスレートやタブレットをアピールしていた。Microsoftの関係者は、Windows Embedded Compact OSは消費と創作ができるデバイスではなく、消費だけを用途としたデバイス向けだと述べており、完全版の「Windows 7」が動くスレート/タブレットとCompact 7ベースのものを区別しようとしている。

 多くの人が、Microsoftの初の「本物」のタブレット/スレートOSは「Windows 8」になると考えている。Microsoftは現在Windows 8を開発中で、2012年中にRTM(製造工程向けリリース)となりそうだ。

 Windows Embedded Compact 7は「Windows Embedded CE」の後継となり、以下のような新機能を持つ。

  • ARM v7サポート
  • 最新の開発者・デザイナー向けツール
  • ユーザーインターフェイス開発向けの新技術
  • x86、ARM、MIPSでのSMP(対称型マルチプロセッシング)サポート
  • カスタマイズ可能なUIを持つ最新のマルチメディアプレーヤー
  • 最新版の「Internet Explorer」(IE 7をベースとし、IE 8の「性能アップデート」も盛り込んだ)
  • 「Flash 10.1」サポート(同機能の提供には、OEMによるAdobe Systemsライセンスが必要)
  • 「Silverlight for Embedded」のサポート
  • PC、サーバとの接続性改善(NDIS 6.1サポート)

 Silverlight for Embeddedにより、OEMはXAMLとネイティブのC++を使ってカスタムインターフェースの作成が可能となり、通常のWindowsユーザーインターフェース要素で包まれた「Windowsクロームのない」インターフェースを提供できる。以下に、OEM向けのMicrosoftの最新プレゼンテーション資料から、Compact 7で対応するSilverlight for Embeddedに関するものを紹介する。

picture2 ※クリックすると図が拡大されます

-PR-企画特集