MS、「形状を変えるタッチスクリーン」を開発中か--出願特許から明らかに

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年12月01日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、触覚の要素を強化したタッチスクリーンの実現を目指しているのかもしれない。

 Microsoftが出願した、光誘起の形状記憶高分子によるディスプレイ画面に関する特許が、米国時間11月25日に公開された。簡単に言うと、リアルな質感と触覚フィードバックを提供するタッチスクリーンであり、ユーザーに実際の対象物を触っているような感覚をもたらすものだ。

 New Scientistの記事によると、Erez Kikin-Gil氏が発明したタッチ画面は高分子でコーティングされ、画面の下からさまざまな波長の紫外線がピクセルにあたると、この高分子が形状を変えたり維持したりできるという。

 このスクリーンは、単に画像を表示するだけではなく、特定のインターフェース(たとえばバーチャルキーボードなど)でユーザーが各キーを押すと触覚フィードバックが得られるような機能を実現する可能性がある。

 特許文書によると、この技術はまず、携帯電話やタブレットよりも先に、Microsoftの「Surface」のような大型画面の製品分野に導入される見込みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加