logo

Twitter、ソーシャルメディアAPIのGnipと提携--firehoseへのアクセスを販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GnipのSocial Media APIを通してTwitterのデータを商用提供するために両社が提携したことが明らかになった。

 Gnipは、ソーシャルメディアをリアルタイムにアプリケーションに組み込みたいと考える企業に対してソーシャルメディアデータを提供する企業で、2008年に設立された。

 このたびの提携により、Twitterは一般に公開されたツイートへのアクセスに関するサブライセンスをGnipに供与する。これにより、開発者はTwitterストリームを活用するモニタリング/分析ツールを作成することができる。search engine landRead Write Webによれば、利用者はこれを分析目的にのみ活用でき、表示目的で活用したり、再販したりすることはできないという。

 Twitterのfirehoseにアクセスできるメニューは現在、提供されるフィードの量や内容に応じてTwitter HalfhoseTwitter MentionhoseTwitter Decahoseの3種類が用意されており、今後さらに拡充されるという。

 Read Write Webは全Tweetの50%が提供されるプランの利用料は年間36万ドルと報じている。

-PR-企画特集