logo

シスコ、第1四半期の決算を発表--増収するも今後の「課題」に言及

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月11日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは米国時間11月10日、2011会計年度第1四半期(8-10月期)の決算を発表した。売上高は107億5000万ドルで、前年同期から19.2%増加した。GAAPベースの純利益は19億ドル(1株当たり34セント)となった。最高経営責任者(CEO)のJohn Chambers氏は声明で、「厳しい経済情勢のなかで堅実な業績を上げた」ことに喜んでいると述べた。

 ただし、いくつかの分野における設備投資の勢いが低迷しており、Chambers氏はアナリストとの電話のなかで、特に政府支出、サービスプロバイダ、欧州市場で「課題」に直面しているとの認識を示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集