logo

次期OS「Mac OS X Lion」、その新機能を解説 - (page 2)

文:Topher Kessler(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、湯本牧子、長谷睦2010年10月21日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mac OS X Lionでは、ホームスクリーン機能の「Launchpad」も実装された。これは現行の「Dashboard」機能とiPhoneのホーム画面を統合させたような外観で、システム上で利用可能なアプリケーションを表示し、シングルクリックで起動できる。現行のDockと同様、アプリケーション用のフォルダを作成できるが、画面上で表示されるスペースが大きくなったことで1度により多くのアプリを表示できるほか、フォルダだけでなく複数の画面を利用することで以前より整理しやすくなった。Launchpadを搭載したということは、AppleはDockをこの新機能に置き換えるつもりなのかという疑問もわいてくる。

「Launchpad」 「Launchpad」
提供:Apple

 ホームスクリーン以外では、「iPhoto」および先ごろリリースされた「Safari」と同様、Appleはフルスクリーン表示に注力しており、Mac OS X Lionではフルスクリーンで表示できるアプリケーションを支援する選択肢が用意されている。これによりユーザーは自分用の画面をフルに使った作業スペースを確保できるほか、マルチタッチジェスチャで画面を切り替えることも可能になる。Appleはまた、Mac OS X Lionにおいてアプリケーションを自動保存する機能の実装にも取り組んでいる。この機能の実装は個々の開発者にゆだねられてきたため、Apple自身のアプリケーションも含め、多くのアプリケーションでは採用されていなかった。これはMac OS X Lionへの追加機能として歓迎されるはずだ。

 最後に、Appleは「Expose」、Dashboard、「Spaces」、およびMac OS X Lionに加わったフルスクリーンによるアプリケーション支援機能に対して新たなアプローチを試みており、すべてを「Mission Control」と呼ばれる単一のビューに統合している。ここでは実行中のすべてのアプリケーションを表示し、各アプリケーションが動いている個々のウインドウは「クラスタ」と呼ばれるスタックに収められる。この機能は、同時に多くのウインドウを開いたままにしているところへExposeを作動させ、探しているウインドウが分からなくなってしまうユーザーにとっては大きな救いとなるだろう。Exposeにカバーフロー機能が実装されれば良かったが、クラスタ表示を見ると十分対応できるようだ。

「Mission Control」 「Mission Control」
提供:Apple

 Mission Controlが起動すると、アプリケーションが1カ所に収められるだけでなく、フルスクリーンのアプリケーションも別のセクションに表示され、ユーザーはアプリケーション間を素早く切り替えることができる。Appleは、マルチタスキング環境で起こりうる混乱をいくらかでも取り除こうとしているようで、現在のところMission Controlは従来のマルチタスキング管理オプションを強化する優れた機能のように思われる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]