logo

次期OS「Mac OS X Lion」、その新機能を解説

文:Topher Kessler(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、湯本牧子、長谷睦2010年10月21日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 「Mac OS X」にとって8度目のメジャーリリースとなる「Mac OS X Lion」では、Macに新しい理念を取り入れている。AppleはOS Xを「Mac OS」のほか、「Apple TV」を支えるOSとして、さらには「iPhone」「iPad」で使われる「iOS」でも利用しているが、今回のLionではMac体験を強化するため、iOSにおけるイノベーションの一部をMac OSへ持ち込もうとしている。

 その第1がマルチタッチジェスチャ機能だ。Appleはこれまでもマルチタッチトラックパッドや「Magic Mouse」、「Magic Trackpad」などの入力デバイスでこの機能を次々と実装してきた。ノート型マシンの画面にタッチスクリーンのオプションが盛り込まれると想像する人も多いかもしれないが、Appleはこの手法を採用しないことにした。その理由としてAppleでは、この方式ではユーザーを疲れさせることが最大の短所で、さらに大半のユーザーにとって使いにくい点を挙げている。Appleはその代わり、現在のマルチタッチトラックパッドに見られるように、ジェスチャおよび入力については水平型アプローチをとることとし、オンスクリーンでのジェスチャ機能はモバイルデバイスに限ることにした。

 第2の機能は「Mac App Store」のOS Xへの実装だ。これは「Dock」に表示可能なスタンドアロンアプリケーションとして利用でき、「iTunes Store」と同様にストアを開いて閲覧できるようになる。ユーザーが新しいアプリケーションを見つけやすくなるほか、1クリックで簡単に購入したりアプリケーションをインストールしたりできる。アプリケーションを購入すると、ただちにアプリケーションのダウンロードおよびインストールの進捗状況を示すプログレスバーがDockに表示される。プログレスバーが終了するとアプリケーションがすぐに起動できる。

 AppleはLion向けの新しいApp Storeを宣伝しているが、同プログラムは90日以内にまず現行OSの「Snow Leopard」向けに提供されるので、要注目だ。Appleはスイート製品の「iLife」「iWork」以外にもApp Storeに対応するアプリケーション作成を期待して開発者キットを用意しており、現行のiOS版App Storeと同様、すぐにも多くのアプリが登場するのではないかと予想される。

-PR-企画特集