Verizon、「iPad」販売を米国で開始へ

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月15日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとVerizon Wirelessは米国時間10月14日、Verizon Wirelessの2000以上の店舗で10月28日から、Appleの「iPad」の販売を開始すると発表した。

 Verizonは、「iPad Wi-Fi」モデルを、同社「MiFi 2200 Intelligent Mobile Hotspot」を利用する3種類のバンドルで提供する予定である。MiFi 2200は、Verizonの3Gネットワークへのアクセスを提供する小型端末である。iPadユーザーは、Wi-Fiが使用できない場合、iPadからMiFi 2200に接続する必要がある。MiFiの「クラウド」により、最大5台のWi-Fi対応端末に同時に、同社の3Gネットワークを介したウェブアクセスを提供することができるとVerizonは述べた。

 1つめのバンドルは、16GバイトのiPad Wi-FiとMiFi 2200モバイルホットスポットを含み、630ドルで提供される予定である。32GバイトのiPad Wi-Fiとホットスポットのバンドルは730ドルとなる予定である。3つめは、64GバイトのiPad Wi-Fiとホットスポットのバンドルで、830ドルで提供される。Verizonは、3種類すべてのiPad Wi-Fiモデルを、ホットスポットなしでも提供する予定である。Verizonは、それらの価格を明らかにしなかったが、Appleは3モデルを、それぞれ499ドル、599ドル、699ドルで販売している。

iPad 提供:Apple

 Verizonが、Appleの「3G」モデルを販売しない理由は明らかである。Wi-Fi+3G版のiPadは、AT&Tのネットワークに接続するため、Verizonにとっては意味がない。

 VerizonのMiFi 2200 Intelligent Mobile Hotspotを利用するiPadのバンドルを購入するつもりのユーザーは、アクセスのための月額料金を支払う必要がある。Verizonは、1Gバイトのデータ当たり月額20ドルを課金する予定と述べた。契約は不要である。

 AT&Tは、Verizonの参入をだまって見ているわけではない。AT&Tも14日、Wi-Fi+3G版のiPadの3機種を10月28日から販売開始すると発表した。16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの各モデルを、それぞれ629ドル、729ドル、829ドルで提供する予定である。

 AT&Tは、データ250Mバイトで月額15ドルと、2Gバイトで月額25ドルという、2種類のデータプランを提供している。

 Appleによると、Verizonの顧客は、AppleのApp Storeにある28万件のアプリケーションへのアクセスを含め、現在とまったく同じようにiPadを使用できる予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加