NTTドコモ、写真で見る「GALAXY Tab」--Android 2.2搭載、7インチで持ち歩きやすく

坂本純子(編集部)2010年10月05日 19時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は10月5日、SAMSUNG電子製Android端末「GALAXY Tab」の日本市場向け新モデル、「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab SC-01C」を発表した。11月下旬に発売する予定。価格は、2年契約の新規加入の場合で4万円程度の見通しという。このほかに、手のひらサイズのスマートフォン「ドコモ スマートフォン GALAXY S」も発表している。

 液晶サイズは約7インチ(600×1024ドット)、サイズは高さ約191mm×幅121mm×厚さ12.1mm、重さは約382g。

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は10月5日、SAMSUNG電子製Android端末「GALAXY Tab」の日本市場向け新モデル、「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab SC-01C」を発表した。11月下旬に発売する予定。価格は、2年契約の新規加入の場合で4万円程度の見通しという。このほかに、手のひらサイズのスマートフォン「ドコモ スマートフォン GALAXY S」も発表している。

 液晶サイズは約7インチ(600×1024ドット)、サイズは高さ約191mm×幅121mm×厚さ12.1mm、重さは約382g。

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は10月5日、SAMSUNG電子製Android端末「GALAXY Tab」の日本市場向け新モデル、「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab SC-01C」を発表した。11月下旬に発売する予定。価格は、2年契約の新規加入の場合で4万円程度の見通しという。このほかに、手のひらサイズのスマートフォン「ドコモ スマートフォン GALAXY S」も発表している。  液晶サイズは約7インチ(600×1024ドット)、サイズは高さ約191mm×幅121mm×厚さ12.1mm、重さは約382g。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加