logo

出会い系などに誘導する迷惑メールの問い合わせ急増--フィッシング対策協議会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィッシング対策協議会は10月1日、9月のフィッシング情報届出状況を発表した。9月における海外を含むフィッシング届出件数は8件で、前月から50件減少した。ここ半年は毎月50件単位で増減を繰り返している。

 また、フィッシングサイトのユニークなURL数は前月より38件減少の8件、ブランド名を悪用された海外を含む企業の数は前月より14件減少の5件となっている。ともにここ1年で最小値に近い数値にまで減少している。

 全体的に前月比で大幅に減少しているが、問い合わせメール件数は349件となり、前月の251件から100件近く増加した。これらの多くは、出会い系サイトなどに誘導する迷惑メールであったという。同協議会では、不審なメールやサイトを見つけた場合は、サービス事業者か同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

-PR-企画特集