logo

Xmarks、ブックマーク同期サービスを終了へ

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月29日 14時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 200万人のユーザーが、500万台のコンピュータで1億件のブックマークを保存しても、ビジネスは成り立たない。

 異なるコンピュータやブラウザの間でのブックマーク同期という技術的専門分野を一時期支配したXmarksは、このような結論を下した。Xmarksはこの分野に4年間取り組んだが、人気の高さを利益に変える良い方法を見つけられず、約90日後にサービスを停止する。

 Xmarksは「Firefox」の拡張機能「Foxmarks」として出発したが、やがてMicrosoftの「Internet Explorer(IE)」やAppleの「Safari」、Googleの「Google Chrome」にも手を広げた。このサービスでは、ブックマークだけでなく、パスワードや開いているタブも同期できる。しかし、これらの機能は近々、FirefoxとChromeの両方に搭載される予定だ。

 Xmarksの共同創設者で最高技術責任者(CTO)を務めるTodd Agulnick氏は、米国時間9月27日のブログ投稿の中で、「われわれは、いずれこの無料の同期サービスを支えるビジネスモデルが登場するという前提のもと、このサービスを4年間にわたって無料で提供してきた。その投資の命題が崩れたことで、主に給料やホスティングコストなど、諸々の費用を捻出できなくなった。サービスを維持するリソースがなくなったため、サービスを停止せざるを得ない」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集