「Windows Live」サービス、LinkedInやFacebookとの連携を強化

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月24日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月23日、「Windows Live」サービスの機能を強化し、「Hotmail」と「Messenger」がLinkedInやFacebookとの連携に対応したと発表した。同社のブログ記事によると、コンタクトの自動の関連付け機能が追加され、Messengerを使用してLinkedInコンタクトのアップデートをみられるようになり、LinkedInネットワークとのアップデートの共有も簡単になったという。Hotmailはまた、Facebookユーザーとのチャットが可能になる(Messengerではすでにテストが進められている)。

 Microsoftはまた、オンラインの「Office」ツールで、ブログやウェブサイトに「PowerPoint」や「Excel」のデータを埋め込むことができるようになったと発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加