logo

App Storeの新開発者規則--アップルが公開した背景と内容 - (page 2)

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月14日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは、Appleのアプリレビュー担当者が、毎日何千と受け取るアプリをどのように評価しているかということに光を当てたが、多くの開発者に本当の説明を与えるものではなかった。それ以来、これらのカテゴリに当てはまりそうなアプリが承認されたり、ほかのものが却下されたりすると、たちまち多くの人がこの偽善を公然と指摘した。

 9日に公開されたガイドラインは明らかに、Appleが望んでいるアプリの種類と望んでいない種類、そして同社が期待するプロフェッショナリズムの基準を具体的に示すことで、混乱を切り抜けることを目的としている。

グレーゾーンと不完全な規則

 しかしAppleの規則は、グレーゾーンが残っており、アプリのレビュー担当者が今後も各自の判断基準を用いることを認めている。Appleは、「一線を越えたとわれわれが考えるコンテンツや振る舞い」のすべてを引き続き却下すると述べている。「どの線かというと、それは最高裁判所の判事がかつて述べたように、『見れば分かる』。そして、われわれが思うに、あなたが一線を越えたときには、自分でもそれが分かるだろう」(Apple)

 同文書はまた、これらの規則は完全なものでも最終的なものでもなく、いつでも変更され得る「生きた文書」だとはっきり述べている。そして、開発者が自分のアプリが却下されたことを気に入らないなら、「報道の中でわれわれの評判を悪く」するのではなく、アプリレビュー審査会に持ち込むべきだという。

 規則のいくつかは不思議なくらい具体的だ。それらが以前App Storeに提出されたアプリから来ていると想像することは難しくない。興味深い規則としては、次のようなものがある。

  • すでにApp Storeにあるアプリと重複するアプリは、特に多くのアプリがある場合、却下されることがある(Appleによれば「おならアプリは十分ある」)。
  • 似たようなアプリの多くのバージョンによって、App Storeに対し「スパム行為」をする開発者は、iOS Developer Programから除名される。
  • ロケーションベースのAPIを使って、自動車や飛行機などの装置を自動的に、あるいは自律的にコントロールするアプリは却下される。
  • プロフェッショナルな政治風刺作家やユーモア作家は、侮辱的または卑劣な論評の禁止から除外される(Pulitzer賞を受けた漫画家Mark Fiore氏の経験のおかげかもしれない)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]