logo

グーグル、Gmailの新機能「Priority Inbox」を発表--ルール設定不要でメールを振り分け

文:Michelle Meyers(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月01日 06時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子メールに埋もれ、どれから手を付けようか困っているGmailユーザーに朗報だ。Googleは米国時間8月30日夜、「Priority Inbox」と呼ばれるGmailの新機能を発表した。Priority Inboxはまだベータ版だが、受信した電子メールを「Important and unread(重要だが未読)」「Starred(スター付き)」「Everything else(その他)」に分類する。

 GoogleソフトウェアエンジニアDoug Aberdeen氏は、同機能について、スパムというわけではないが、「あまり重要でもない」電子メールに狙いを定めている、と同社Gmailブログへの投稿で説明する

Priority Inboxの説明 提供:Google

 また、ソートを開始するにあたり、ルールの設定は不要となっている。Priority Inboxは、ユーザーが誰に最も多くメールを送信したか、どのメッセージを無視せずに開封して返信したかなどから、独自の手がかりを得る。

 Aberdeen氏は、「Gmailを使うほどに、メッセージのカテゴリ分けが向上する」と述べる。「受信箱上部にある(プラスまたはマイナス)ボタンをクリックし、スレッドを重要または非重要と正しくマークすることで、精度が上がるのを促すことができる」(Aberdeen氏)

 Priority Inboxは、全Gmailユーザーに来週から順次提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集