GPU市場の最新動向--AMDの好調ぶりから見る大きな変化 - (page 3)

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「デスクトップ用スタンドアロン分野では、NVIDIAにはDX-11(DirectX 11)のハイエンド製品があるが、市場シェアの大半はローエンドとミッドレンジの製品で決まるもので、AMDは第1四半期にすでにローエンドとミッドレンジの製品(DirectX 11)を発表している。NVIDIAのローエンドとミッドレンジの製品はまだ出ていない。この四半期に発売予定だ」とMcCarron氏は言う。DirectX 11は「Windows 7」で特定のマルチメディアとゲーム中心の操作をスピードアップするために使用されるグラフィックステクノロジだ。

 「もう1つ、現在進行中の動きで、十分な注意を向けられていないものがある。それはモバイル用スタンドアロングラフィックスのノートPCへの搭載率が急上昇していることだ。CPU統合グラフィックスが登場したにもかかわらず、この市場が成長していることが重要だ。これはNVIDIAにとってはチャンスだ」(McCarron氏)

 言うまでもないことだが、過去数年間、AMDとNVIDIAの間で四半期ごとあるいは年ごとに市場シェアが大きく移り変わってきたことからわかるように、PCメーカーはグラフィックスチップについて非常に移り気であることが知られている。今回はAMDが市場のスイートスポットに当てたが、次の四半期か次の年にはNVIDIAが巻き返すかもしれない。

 「市場シェアのこのようなピンポンゲームは過去に数回起こっている」(McCarron氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]