logo

ビジネスやプライベートで「使える」厳選iPadアプリ--「ノートアプリ」編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5月28日のiPad発売から、約1月半が経った。iPhoneに比べてiPad対応アプリの数はまだまだ少ないが、毎日新しいアプリが追加されたりアップデートされたりしており、iPadの大きな画面を活かした使い勝手の良いアプリが徐々にそろい始めている。

 iPadアプリはiPhoneアプリよりも若干、価格設定が高めの傾向にあり、iPhoneアプリほど気軽に買えないという意見も聞く。新しいアプリが出ると試さずにいられない筆者が有料・無料を問わずいろいろなiPadアプリを試してみた。今回から数回に分けて、テーマ別にオススメのiPadアプリを紹介する。初回は、大画面のiPadでぜひ活用したい「ノートアプリ」だ。

■Penultimate
350円

 「Penultimate」はクラシカルな雰囲気で、外国の手帳のようなデザインの手書き用ノートアプリだ。その趣だけでデジタルなiPadを使用していながら、紙の手帳を使用するような気分を味わえる。

 初回起動時には、「Penultimateへようこそ」というタイトルのマニュアルにあたるノートが表示される。このノートの内容を読みながら操作するだけで、使い方が簡単に分かる。

 5月28日のiPad発売から、約1月半が経った。iPhoneに比べてiPad対応アプリの数はまだまだ少ないが、毎日新しいアプリが追加されたりアップデートされたりしており、iPadの大きな画面を活かした使い勝手の良いアプリが徐々にそろい始めている。

 iPadアプリはiPhoneアプリよりも若干、価格設定が高めの傾向にあり、iPhoneアプリほど気軽に買えないという意見も聞く。新しいアプリが出ると試さずにいられない筆者が有料・無料を問わずいろいろなiPadアプリを試してみた。今回から数回に分けて、テーマ別にオススメのiPadアプリを紹介する。初回は、大画面のiPadでぜひ活用したい「ノートアプリ」だ。

Penultimate
350円

 「Penultimate」はクラシカルな雰囲気で、外国の手帳のようなデザインの手書き用ノートアプリだ。その趣だけでデジタルなiPadを使用していながら、紙の手帳を使用するような気分を味わえる。

 初回起動時には、「Penultimateへようこそ」というタイトルのマニュアルにあたるノートが表示される。このノートの内容を読みながら操作するだけで、使い方が簡単に分かる。

 5月28日のiPad発売から、約1月半が経った。iPhoneに比べてiPad対応アプリの数はまだまだ少ないが、毎日新しいアプリが追加されたりアップデートされたりしており、iPadの大きな画面を活かした使い勝手の良いアプリが徐々にそろい始めている。  iPadアプリはiPhoneアプリよりも若干、価格設定が高めの傾向にあり、iPhoneアプリほど気軽に買えないという意見も聞く。新しいアプリが出ると試さずにいられない筆者が有料・無料を問わずいろいろなiPadアプリを試してみた。今回から数回に分けて、テーマ別にオススメのiPadアプリを紹介する。初回は、大画面のiPadでぜひ活用したい「ノートアプリ」だ。 ■Penultimate 350円  「Penultimate」はクラシカルな雰囲気で、外国の手帳のようなデザインの手書き用ノートアプリだ。その趣だけでデジタルなiPadを使用していながら、紙の手帳を使用するような気分を味わえる。  初回起動時には、「Penultimateへようこそ」というタイトルのマニュアルにあたるノートが表示される。このノートの内容を読みながら操作するだけで、使い方が簡単に分かる。

-PR-企画特集