「これからはPCの“スペック”ではなく“用途”を伝える」--日本AMD、VISION戦略を説明 - (page 2)

藤本京子(編集部)2010年06月22日 19時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この考えに賛同するパートナーも増えており、「2009年は同プラットフォームを搭載したPCが国内主要メーカーから19種類提供されていたが、今年の夏モデルでは29種類となり、1.5倍に拡大した」(宮本氏)という。

PC夏 発表会場には、VISIONを搭載した各PCメーカーの夏モデルが並べられていた

ハードウェアメーカーだけではない。AMDでは、「ソフトウェアメーカーとの協業も進めている」と、日本AMD マーケティング本部 本部長の林淳二氏は強調する。「AMDのサイト内にソフトウェアパートナー向けのサイトを用意し、ここでソフトウェア開発ツールも提供している。現在53万人が登録している」と林氏。今回の発表会には、マイクロソフト コンシューマーWindows本部 本部長の藤本恭史氏も登場し、「ユーザーによりリッチな体験をしてもらうために、AMDとの協業でわかりやすいシナリオを提供していく」と述べた。

 2011年には、新しいアーキテクチャとしてCPUとGPUを融合させたAPU(Accelerated Processing Unit)製品の「AMD Fusion」も登場する予定だ。Fusionについて宮本氏は、「単にCPUとGPUをひとつのダイに載せたものではなく、x86スケーラブルプロセッサとベクタープロセッサの2つのコアが有機的に働き、高効率で高性能なハイブリッドコンピューティングを実現する」と述べている。Fusionでは、コア間を同一シリコン上で結ぶ高速バスアーキテクチャと、コア共通の高速メモリコントローラが採用され、単一ダイ構造により薄型で低消費電力のフォームファクタが実現するという。

 宮本氏は「世界にはCPUメーカーが2社、GPUメーカーが2社存在するが、CPUとGPUを両方開発しているのはAMDだけだ。そのため、AMDのみがCPUとGPUを混在、最適化させたAPUを作ることができる」とした。

パートナー VISIONロゴを手にする日本AMDの宮本氏(右)とマイクロソフトの藤本氏(左)、その周りを各PCメーカーの代表が囲む

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]