4月の携帯電話・PHSの国内出荷、2カ月ぶりに前年比増--JEITA調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は6月9日、4月度の携帯電話・PHSの国内出荷実績を発表した。出荷台数は合計で240万3000台。前年同月比では24.5%増となり、2カ月ぶりに増加に転じた。

 ただし、JEITAによると、2009年4月の出荷台数は前年比約4割減の大幅マイナスを記録。このため、今回調査結果を2008年4月と比較すると、74.4%の水準にとどまり、楽観はできないとしている。

 一方、携帯電話の出荷台数233万台のうち、ワンセグ対応製品は154万9000台。前年同月比では1.9%の微増となり、携帯電話全体の出荷台数に占める割合は66.5%となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加