logo

次世代「iPhone」流出の疑問--Gizmodo親会社のCEOが答える

文:Greg Sandoval(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年04月22日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 紛失した「iPhone」の試作品を見つけたとして有名になった匿名の人物は、技術系ブログのライバル同士であるGizmodoとEngadgetの両方に、ある提案を持って接触した。そして、そのデバイスを持ち帰ったのはGizmodoだった。

 Gizmodoとその親会社Gawker Mediaは、発売はおろかまだ発表すらされていない「iPhone 4G」の試作品と思われるものを、どうやって入手したのだろうか。Gawkerの最高経営責任者(CEO)Nick Denton氏は米国時間4月20日、米CNETとのインタビューの中で、この疑問をはじめ、盛んに取りざたされている問題について答えた。

大騒動を巻き起こした小さなガジェット。GizmodoはiPhone 4Gのスクープを大々的に宣伝した。 大騒動を巻き起こした小さなガジェット。GizmodoはiPhone 4Gのスクープを大々的に宣伝した。
提供:Screenshot by Erica Ogg/CNET

 Gizmodoは19日、時代を画したAppleのiPhoneの次世代機だとDenton氏と同サイトのエディターたちが語るものの写真と解析を公開した。Appleが、Gizmodoの元にあるデバイスはAppleの所有物であると主張し、返却を要求したことが、このデバイスが本物であるというGizmodoの主張を支持することになった。この記事がきっかけとなって、世界中で興味や憶測が広まった。

 Gawkerはこの記事によって500万ページビューを獲得したが、加えて、相応の批判も受けている。

 識者やジャーナリズムの専門家は、Gawkerの取った方法の正当性に疑問を投げかけている。この携帯電話はサンフランシスコのベイエリアのバーでAppleの従業員が紛失したと報じられており、Denton氏は、そのデバイスを持っていた人物に5000ドルを支払うことに同意したことを認めている。ある記事は、Gawkerは「盗品」を購入したことでカリフォルニア州法に違反した可能性があるとすら指摘している。

 Denton氏は、お金を渡した人物がこの携帯電話の所有者ではないと知りつつお金を支払ったことを認めている。「それはメディア倫理学者が注目していることだ。ほとんどの読者は、新しいiPhoneに興奮しているか、不運なGray Powell氏(Gizmodoがこのデバイスを紛失したとするAppleの従業員)に代わって怒っているかのどちらかだ」。Denton氏は米CNETに対し、このように語った。

-PR-企画特集